コウチョウとは

コウチョウは、子どもアイデア楽工の理事長であり、講演家、ユーチューブ(YouTube)や音声SNSのクラブハウス(Clubhouse)で発信を行い、朝活も主宰するなど、様々な顔をもつ男。

 

“ コウチョウ ” は、子どもアイデア楽工の 「ガッコウ長」⇒ コウチョウ

“ コウチョウ ” は、プロコーチ 「コーチ(COACH)」 ⇒ コウチョウ

 

“ コウチョウ ” は “ 校長 ” ではありません。ましてや、“ 校長先生 ” でもありません。

“ コウチョウ ” は コウチョウなのです。

山上 敏樹(やまがみ としき)  通称:コウチョウ

1958年 京都府生まれ。

武蔵野美術大学造形学部空間演出デザイン科卒業後、ホンダランド(現モビリティランド)入社。遊園地研究開発部門でアトラクションデザイナーを経て、鈴鹿サーキットの「コチラのプッチタウン」、「モータースポーツランド」、「アクア・アドベンチャー」など、子どもが主役の「自らが操るテーマパーク」エリア開発に従事。 2001年、本田技研工業(株)の「子ども研究」に参画。 2013年に「特定非営利活動法人 子どもアイデア楽工」を設立。

  • 株式会社 エデュテインメント 代表取締役
  • 特定非営利活動法人子どもアイデア楽工 理事長  子どもアイデア楽工Webはこちら>>
  • 平成30年度 三重県道徳教育推進委員会 委員
  • 平成29年度・30年度 三重県「男性の子育て応援講座」派遣講師

著 書

  • たった4つの言葉が、子どもの能力を引き出す!(PHP研究所)